Xperia X PerformanceとGalaxy S7 edgeを比較!どっちがどんな人におすすめ?

2016年6月24日Android, ガジェットAndroid, Galaxy S7 edge, Xperia X Performance

スポンサーリンク

20160624-010

6/24、ソニーの新フラッグシップスマートフォン「Xperia X Performance」が3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から発売になります。
そのXperia X Performanceと既に発売されているサムスンのフラッグシップスマートフォン「Galaxy S7 edge」と機能を比較します。
どちらを購入するか、決める手助けが出来れば幸いです。

使用感に関してはXperia X Performance(以下XP)はXperiaアンバサダーでお借りしていたソフトバンク版(502SO)、Galaxy S7 edge(以下S7e)はドコモ版(SC-02H)を用いての比較になります。

両機のフォトレビューは以下をご覧ください。
#Xperiaアンバサダー ZからXシリーズへ「Xperia X Performance」フォトレビュー
Galaxy S7 edge(SC-02H) 開封レビュー!気が付いたら買っていました

スポンサーリンク

スペックを比較

名称Xperia X Performance
(SO-04H , SOV33 , 502SO)
Galaxy S7 edge
(SC-02H , SCV33)
カラーホワイト/グラファイトブラック/ライムゴールド/ローズゴールドブラック オニキス/ホワイト パール/ピンク ゴールド
サイズ高さ:約144mm
幅 :約71mm
厚さ:約8.6mm
高さ:約151mm
幅 :約73mm
厚さ:約7.7mm
重量約165g約158g
連続通話時間GSM:約570分(ドコモ) , 600分(ソフトバンク)
3G:約750分(ドコモ) , 1680分(ソフトバンク)
LTE:約1140分(ドコモ) , 約1330分(au) , 1380分(ソフトバンク)
GSM :約860分(ドコモ) , 1070分(au)
3G :約1350分(ドコモ)
VoLTE :約1260分(ドコモ) , 1480分(au)
連続待受時間GSM :約390時間(ドコモ) , 550時間(ソフトバンク)
3G :約470時間(ドコモ) , 590時間(ソフトバンク)
LTE :約430時間(ドコモ) , 約490時間(au) , 530時間(ソフトバンク)
GSM:約390時間(ドコモ) , 580時間(au)
3G :約450時間(ドコモ)
LTE :約420時間(ドコモ) , 約530時間(au)
ディスプレイ5.0インチ(FHD:1920×1080)
トリルミナスディスプレイ for mobile(液晶)
5.5インチ(WQHD:2560×1440)
Super AMOLED(有機EL)
OSAndroid 6.0Android 6.0.1
CPUQualcomm MSM8996
2.2GHz+1.6GHz
クアッドコア
Qualcomm MSM8996
2.2GHz+1.6GHz
クアッドコア
ROM32GB32GB
RAM3GB4GB
バッテリー2570mAh3600mAh
カメラメイン :約2300万画素
フロント:約1320万画素
メイン :1220万画素(4K 30fps撮影対応)
フロント:500万画素
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth v4.2Bluetooth v4.2
NFC対応(Felica含む)対応(Felica含む)
外部メモリmicroSD(最大200GB)microSD(最大200GB)
防水/防塵防水(IPX5/8)/防塵(IP6X)防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP6X)

※両機を比較して、性能が上だと考えられる部分を赤の太字にしています

スマートフォンの性能を大きく決定づけるCPUは両機とも同じSnapdragon 820を搭載しています。

大きく違うのは4点。

1つ目はディスプレイ。XPが5.0インチ、FHD(1980×1080)の液晶ディスプレイなのに対し、S7eは5.5インチ、WQHD(2560×1440)の有機ELディスプレイとなっています。
S7eの方が解像度は高いものの、XPも十分高解像度なため、肉眼ではほとんど違いは分かりませんでした。更にXPにはソニーの液晶テレビ「BRAVIA」の技術が使われており、美しいディスプレイになっています。

2つ目はRAM容量。XPが3GBなのに対し、S7eは4GBとなっています。
ただし、これはS7eのディスプレイがWQHDでXPよりも高解像度であることも関係しており、実用上はXPもS7eもRAMの差は感じられませんでした。

3つ目はバッテリー容量。S7eの方が1000mAh以上大きいものを搭載しています。

4つ目はカメラ。XPの方が高画素なメイン・フロントカメラを搭載しています。
特にXPのフロントカメラは1000万画素超えをしているため、自撮りを頻繁にするならXPの方がオススメです。

持ちやすいのは断然Xperia X Performance!

20160624-003

XPの幅は71mm、S7eの幅は73mmと、数字上は2mmしか違いがありません。

20160624-001

しかし、XPはサイドがラウンド加工されており、更に適度に厚みがあるおかげで持った時のホールド感が抜群です。

20160624-002

S7eも5.5インチとは思えないほど幅は狭く、5.5インチ端末としては非常に持ちやすいです。

とはいえ、手の大きさも関係してきますので、店舗等で実際に持って確かめてみると良いでしょう。

カメラは好み…?

XPの方が画素数は上ですが、どちらのカメラも綺麗に撮ることが出来ます。

XPにはカメラキーがあり、カメラの起動、そして、半押しでオートフォーカス→押し込んで撮影というデジカメの様な使い勝手です。
一方、S7eはホームボタン2度押しで起動、ディスプレイ上のシャッターボタンを押して撮影という、一般的なスマホと同様です。
起動速度は共に素早いですが、撮影後に保存してまた撮れるようになるまでのラグはS7eの方が少ない印象です。
S7eのカメラはよりサクサク撮っていけるカメラになっていて、個人的にスマホのカメラとしてはベストだと思っています。

いくつか、XPとS7eでほぼ同じ位置から撮った写真を紹介します。

Xperia X Performance
Xperia X Performance
Galaxy S7 edge
Galaxy S7 edge
Xperia X Performance
Xperia X Performance
Galaxy S7 edge
Galaxy S7 edge
Xperia X Performance
Xperia X Performance
Galaxy S7 edge
Galaxy S7 edge

XPのカメラはS7eより広角に撮ることができ、同じ位置で撮影しても広い範囲を撮ることが出来ます。
ただし、食べ物などを撮るときに余計なものまで入ってしまう…ということもあるので、どちらが良いかは好みであったり、何を撮ることが多いかによります。

また、XPのカメラは動く被写体に強い「先読みオートフォーカス」を搭載しています。
お子さんやペットなど、動く被写体を頻繁に撮る場合はXPの方が良いでしょう。

XPではサードパーティ製のアプリを入れないと出来なくなってしまった4K撮影ですが、S7eは標準のカメラアプリで撮影出来ます。
どうしても標準のカメラアプリで4K撮影がしたい…という場合はS7eを選びましょう。

どちらも綺麗に撮れるカメラであることは間違いないため、映り具合の好みであったり、店舗などで実際に使い勝手を確認して決めると良いでしょう。

放熱性はXperia X Performanceが上!

20160526-013

XPは金属筐体を採用したこともあり放熱性は従来比30%アップしています。
S7eは頻繁に熱い…と感じることがありますが、XPは負荷をかけた場合以外は暖かい程度でした。

今後、夏の直射日光下などの発熱しやすい環境で使う場合、XPの方が安定した動作が期待出来そうです。

動画をよく観るならGalaxy S7 edge!

20160624-007

動画を頻繁に観るなら5.5インチディスプレイを搭載したGalaxy S7 edgeがオススメです。
解像度の差もありますが、やはり少しでも大きな画面で観ると迫力が違います。
更に、S7eは狭額縁(ベゼルレス)デザインであるため動画を観る際の没入感も増します。

ゲームを頻繁にするならGalaxy S7 edge!

S7eではゲームプレイ時に便利なGame ToolsやGame Tunerが使えます。

20160624-008

Game Toolsはプレイ時に、電話以外の通知の制限、履歴・戻るキーのロックによる誤動作防止、画面のキャプチャ・録画などを行えるものです。

20160624-009

Game Tunerは、ゲームプレイ時の解像度やフレームレートなどを変更出来るもので、ゲーム毎に快適にプレイ出来るよう設定出来ます。

XPにはこういった類のアプリは搭載されていませんでした。

音楽再生はどっちがオススメ?

どちらも最近話題のハイレゾ再生に対応しています。
また、ハイレゾではない音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする機能も共に搭載しています。

XPだけの強みとして、ノイズキャンセリング対応のイヤホンやヘッドホンを使うことで、電車やバスなどの騒音の多い環境でも、その騒音をカットしつつ音楽を聴くことが出来ます。
騒音を気にせずに集中して音楽を聴きたい場合はXPがオススメです。

Galaxy S7 edgeなら時計を常時表示可能!

20160524-018

S7eは、ディスプレイが有機ELである特性を活かして、画面オフ時に常時、時計やカレンダーを表示させることが出来ます。
スマホを時計代わりにしている場合、画面をいちいちつけずに時間を確認出来るのはなかなか便利です。

指紋認証はXperia X Performanceが爆速!

こちらの記事で紹介していますが、XPの指紋認証は爆速と呼べる程のスピードです。
指紋センサーが電源ボタンと一体になっているため、画面オンと同時にロックが解除されます。

S7eの指紋認証も速いですが、XPのスピードは圧倒的です。

ただし、両機とも指が濡れている場合は認証出来ないことがほとんどでした。

バッテリー容量の差はどう?

前述した通り、S7eの方が1000mAh以上多いバッテリーを搭載しています。(XP:2570mAh、S7e:3600mAh)
しかし、XPとS7eでは解像度や画面サイズに差があるため、S7eの方が1000mAh分長時間使える…というわけではありません。

20160526-011

XPは、バッテリーの消費削減や劣化防止に力を入れているため、この容量でも少ないと感じることはありませんでした。
バッテリーの消費データを記録したわけではありませんが、両機とも使った分だけ減るという感じで、急激に減ったりすることはありませんでした。

まとめ

簡単にまとめると、

  • 子供やペットなど、動き回る被写体を撮りたい、風景を広く撮りたい
  • 夏などの暑い季節に熱暴走をあまり気にせずに使いたい
  • 爆速な指紋認証を体感したい!
  • 持った時にしっかりホールド出来るスマートフォンが良い

という場合にはXperia X Performanceを。

  • 撮りたいと思った場面をサクサク撮りたい
  • 動画をより大きな画面で鑑賞したい
  • ゲームをより楽しく、より快適にプレイしたい
  • スマホを時計代わりにしているので、画面をつけずに時間を確認したい

という場合にはGalaxy S7 edgeを購入すると良いのではないでしょうか。

Galaxy S7 edgeに関しては、最大の特徴であるエッジスクリーンを受け入れられるか、という点も重要です。
私も当初は、エッジスクリーンってどうなの?と思っていましたが、使っているうちに便利なところもあり、慣れました。
店舗などで使ってみて、どう感じるのか確かめてみる必要はあるでしょう。

また、Xperia X Performanceは、今までXperia Zシリーズを使っていた人はすんなり乗り換えられるのではないでしょうか。
私は以前までXperia Z2を使っていたのですが、それと操作性がほぼほぼ近いものだったので、あまり違和感がありませんでした。当然といえば当然ですが……。

気になる点などありましたら、コメントやTwitter(@drosma1 もしくは @chibi_165)で質問して頂ければ、答えられる範囲で答えたいと思いますので、気軽にお願いします。

以下にXperia X PerformanceとGalaxy S7 edgeの記事がまとまっていますので、良かったらそちらもご覧ください。

参考

スポンサーリンク