}

5G対応!Galaxy S20 5G(SC-51A)を購入しました

端末レビューAndroid,Galaxy S20 5G

ドコモ版のGalaxy S20 5G(SC-51A)を購入しました。
カラーはコスミックグレーとクラウドブルーとで迷いましたが、
ブルーはしばらくしたら飽きてしまいそうな気がしたのでグレーにしてみました。

5Gはエリアがかなり限られていることもあり、まだ体験出来ていません。
気兼ねなく出掛けられるようになったら体験しに行きたいと思います。

スポンサーリンク

外観

正面

ベゼルがほとんど無く、6.2インチディスプレイの割に小型、かつ軽量です。
ギリギリ片手で操作出来るサイズに収まっているのではないでしょうか。
また、購入時の状態で既に保護フィルムが貼り付け済です。とりあえずは自分で購入して貼り付ける必要が無いので、非常にありがたいです。

背面

背面にはdocomoロゴやGalaxyのロゴが入っています。
背面中央の左側にFelicaマークが入っています。おサイフケータイは主に通勤時のモバイルSuicaやコンビニでの買い物、自動販売機で使っていますが、多少気にして左側をタッチするようにしていることもあり、今のところ不便はありません。
中央にあった方が何も気にすることなく使えると思うので、少し残念です。

上側面

SIMカード/microSDカードトレイ、マイクがあります。

右側面

右側面には音量キー、電源ボタンがあります。

左側面

左側は何もありません。

下側面

スピーカー、充電ポート(USB Type-C)、マイクがあります。

カメラは計4つ

リアカメラ×3、フロントカメラ×1の計4つのカメラを搭載しています。
リアカメラは上から、超広角(1200万画素)、広角(1200万画素)、望遠(6400万画素)となっています。
結構出っ張っていて、ケース無しだと傷つきそうで怖いので、基本的にケースを付けて使っています。
新型コロナウイルスの影響で気軽に出掛けられないこともあり、あまり使えていないので、
以前のように気軽に出掛けられるようになったら色々撮りたいです。
フロントカメラ(1000万画素)はディスプレイ上部中央にあります。

ディスプレイは120GHz対応

ディスプレイはリフレッシュレートを120GHzに変更することが出来るため、スムーズな描画が可能です。
ただし、WQHD+では設定出来ず、FHD+以下の解像度でないと120GHzは設定出来ません。

Snapdragon 865 & RAM 12GB搭載の十分なスペック

Snapdragon 865と12GBのRAMを搭載しています。
普段の使用で動作の引っかかりはなく、たまにゲームもやりますがスムーズです。
内蔵ストレージが128GBなので若干心許ないですが、microSDカードで拡張出来ますし、
S20の前にメインで使っていたiPhone 8は64GBだったので、足りなくはならないと思っています。

また、Antutu Benchmarkを実行してみました。
53万点を超えており、性能不足による不調や不満が出てくることはしばらく無さそうです。

詳細なスペックはメーカーページを参照して下さい。

付属品

USBケーブル(C to C)、有線イヤホン(USB Type-C接続)、クリアケース、SIMピン、マニュアル類が付属しています。
ACアダプタは付属しておらず、別途準備する必要があります。

まとめ

約2年前に購入したLG V30+(L-01K)の機種代金を払いきったことや、メインで使っていたiPhone 8に飽きてきたこともあり、
ギガホに変えるちょうど良い機会、5Gを体験する良い機会…と理由をつけて購入しました。(まだ5Gは体験出来ていませんが)

ここ2年くらいはメインのスマホがiPhoneだったので、Androidをメインで使うのは久しぶりです。
Androidを全く使っていなかった訳ではありませんが、
Androidだから便利なところ、iPhoneと比べて不便なところを楽しみながら使っていきたいと思います。 ↓ 128GBのmicroSDカードを挿しています

↓ 最初に買ったケース

↓ 最近買ったケース

スポンサーリンク