ABOATのUSB Type-Cケーブル 5本セットを使ってみる

ABOAT様からUSB Type-Cケーブルを提供して頂きました。50cm×1本、1.0m×3本、2.0m×1本の5本セットで、現在、1500円を切る価格になっており、とてもお得です。
56kΩの抵抗が採用されていることや、5000回の折り曲げテストを行っても断線しないケーブルが特徴です。

以前提供して頂いたリバーシブルmicroUSBケーブルのレビューはこちら。

スポンサーリンク

5本セットが嬉しい

左から、2.0m、1.0m×3本、50cmとなっています。2.0mは自宅で、1.0mは家・外出先、50cmはモバイルバッテリーと繋いで使う用など、場所や用途に応じて使い分けることが出来ますね。

USB Type-Cなのでもちろんリバーシブル。私が持っているスマホはmicroUSB端子のものばかりなので、そろそろType-Cに切り替えていきたいですね。

USB側はリバーシブルではなく、通常のものになっています。せっかくなのでこちらもリバーシブルにして欲しかったですね。

実際に充電してみる

Xperia XZ

Type-C端子のスマホを持っていないため、でこいさん(Twitter:@decoy284、ブログ:でこにく)のXperia XZをお借りしました。

しっかり充電出来ています。

しかし、ケーブルのType-C端子が固く、挿すのに力が入りました。故障する可能性もあるので、力を入れて挿さなければいけないのはちょっと怖かったですね(個体差の可能性もありますが)。
別メーカーのケーブルと比べてみたところ、端子の内側の金属部分が分厚くなっていましたので、挿しにくかった原因はそこにあると思われます。
2度目に挿した時は、1度目と比べて挿しやすくなっていたので、何度か挿している間に改善はされていきそうです。

Chuwi Vi10 Plus(は充電出来ませんでした)

私が唯一持っているType-C端末であるRemix OS搭載タブレット「Chuwi Vi10 Plus」にも繋いでみました。

が、充電することは出来ませんでした。タブレット側の相性問題が原因だと思われます。
以前、Amazonで購入した別のType-Cケーブルでも充電することが出来ず、タブレットに付属してきたケーブルでないと充電出来ないので、仕方ないところでしょう・・・。

コスパは良いが、端子の固さがネック

5本セットで1500円を切る価格なので、コスパは良いのですが、前述したように端子が固いのがネックになりそうです。
スマホだけでなく、Type-C端子を搭載したノートPCなども増えてきていますが、どれも高価なものなので、端子が破損する可能性を考えると、力を入れて挿さなければいけないのは怖いです。

(個体差である可能性もありますが)こういった部分の品質向上に期待したいです。

スポンサーリンク

<この記事を書いた人>

T.M.Revolutionとガジェットとアイアンマンが好き。ライブもちょいちょい行きます。
所持端末は、
Galaxy S7 edge(SC-02H)/Blackberry Priv/Xperia Z2(SO-03F)/
Acer Liquid Z330/iPhone5s/dynabook KIRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。