docomo版Galaxy S7 edge(SC-02H)に1回目のソフトウェアアップデートが配信開始!

AndroidGalaxy S7 edge

スポンサーリンク

Galaxy S7 edge 1回目のソフトウェアアップデート

docomo版Galaxy S7 edge(SC-02H)に発売後初めてのソフトウェアアップデートが配信開始されました。
Wi-Fiの不具合解消、セキュリティパッチの更新が主な内容になります。アップデート容量が370MBと大きめなので、Wi-Fiに接続しての更新がおすすめです。

Galaxy S7 edge SC-02Hの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

スポンサーリンク

アップデート内容

・Wi-Fi利用時、使用環境により正常にインターネット接続できない場合がある。
・セキュリティ更新を実施いたします(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2016年8月になります)。

上記が主なアップデート内容になります。その他、一部の仕様変更等も行われます。
アップデートのサイズが約370MBと大きめのため、複数箇所の変更があると思われます。

アップデート方法

S7 edge本体から行う方法と、PCとS7 edgeを接続して行う方法の2種類があります。

Galaxy S7 edge本体から

20160907-006

「設定」→「端末情報」→「更新を手動でダウンロード」から実施します。自動更新には非対応となっているため、手動で行う必要があります。
所要時間は約11分です。

PCとGalaxy S7 edgeを接続して

「Smart Switch」を利用し、ソフトウェア更新を実施します。あらかじめパソコンに「Smart Switch」をインストールしておく必要があります。
所要時間は約39分です。
→ Smart Switchのダウンロードはこちらから

アップデートのサイズが約370MBと大きめなので、Wi-Fiに接続して実施した方が良いです。また、データ消失の可能性があるため、バックアップを取っておくことや、充電を十分に行っておくことをおすすめします。私は充電しながら実施しました。

20160907-003

アプリの最適化中の画面がカスタマイズされてました。ここがカスタムされてる端末もあるんですね。

20160907-004

しばらく待つとアップデート完了です。

アップデート後の変更点

Wi-Fi利用時、正常にインターネット接続できない場合がある、というのはアップデート前でも発生したことがないので確認は出来ませんが、今後は安定してWi-Fi接続を利用できるようになるでしょう。

Galaxy S7 edge アップデート前
Galaxy S7 edge アップデート前
Galaxy S7 edge アップデート後
Galaxy S7 edge アップデート後

また、セキュリティパッチレベルは2016年8月になっています。アップデート前は4月だったので、今後はもう少し頻繁にセキュリティアップデートを行ってもらいたいですね。

その他、目に見えて変わった部分は見られません。バッテリー消費量や動作の変化は今後、使ってみて確かめてみたいと思います。
また、アップデート直後は内部で最適化等が行われている場合があるので、バッテリー消費の増加や、動作が重くなる場合がありますが、しばらくすれば解消されます。

参考

スポンサーリンク