#Xperiaアンバサダー 「タップして起動」がポケットの中で誤爆する問題は改善されてる?試してみた!

2016年6月4日Android, ガジェット, 端末レビューXperia X Performance, Xperiaアンバサダー

スポンサーリンク

20160604-001Xperiaアンバサダーで、Xperiaシリーズの最新フラッグシップ「Xperia X Performance」をお借りしています。

Xperia X Performaceを含め、最近のXperiaスマホには、ダブルタップで画面をオンにする「タップして起動」という機能が搭載されています。
電源ボタンを押さずに画面を表示出来るので、非常に便利な機能なのですが、近接センサーと連携されておらず、ポケットの中で誤爆(意図せず画面オンになり、想定外の操作が発生)してしまう、という問題がありました。Xperia Z5では照度センサーと連携したとのことですが、ポケットの中で誤爆を防ぐにはやはり近接センサーとの連携が重要でしょう。

指紋センサーの精度が高いこともあり、「タップして起動」の必要性が低くなっている、ということも考えられますが、せっかく搭載されているなら快適に使いたいですよね。
ポケットの中に入っている状態を想定して、誤爆を防ぐことが出来るのかテストしてみました。

スポンサーリンク

近接センサー/照度センサーを指で覆ってテスト

ポケットの中に入っている状態を擬似的に再現する方法として、近接センサー/照度センサーを指で覆って、画面をダブルタップしてみました。
近接センサー/照度センサーはディスプレイ側右上に搭載されています。

近接センサー/照度センサーを指で覆って、ディスプレイをダブルタップしたところ、画面が点灯してしまいました。
少なくとも、近接センサーと連携して入れば、タップしても画面はオンにならないはずなので、連携はしていないのでしょう。

センサーを指で覆っているだけなので完全にポケットの中に入れた状態を再現できているわけではないですが、覆っていても反応してしまうので、ポケットの中で誤爆してしまう可能性は高いのではないかと予想されます。

同様にダブルタップで画面オンする機能のあるZenFone 2 Laserでは、近接センサーが反応している場合は画面オンにならないので、Xperiaシリーズでもこういった対応をして欲しいです。

ちなみにXperia Z2ではrootを取って「タップして起動」を無理やり近接センサーと連携させましたが、これがデフォルトで対応してくれればベストです。
ソフトウェアアップデートでの改善、もしくは後継機で近接センサーとの連携に期待したいです。

スポンサーリンク