2500円で買えるゲーミングヘッドセットが結構良かった!

ガジェット

スポンサーリンク

最近たまーにツイキャスでコラボさせて頂いてたりするのですが、PCで使えるヘッドセットを持っていなかったので、スマホからBluetoothヘッドセットでやったりしていました。
PCで出来ないのはなかなか面倒で、とりあえず安いヘッドセットを買おうと決心しました。

そこで購入したのがこちら。購入時は2498円でした!安い!

スポンサーリンク

選んだ理由は値段とUSB接続!

Amazonで「ゲーミングヘッドセット」や「ヘッドセット」と調べると膨大な数の商品が出てきます。
選ぶ際に基準としたのが以下の2つ。

  • 値段は2000円台前半くらいまで
  • USB接続できる

まず値段。とりあえずヘッドセットが欲しかったということもあり、なるべく安いものをと。
次にUSB接続。パソコンと接続する際、オーディオ端子とマイク端子をそれぞれ挿すのは面倒なので、USB接続だけで済むものを選びました。

音質は、レビュー欄を見て、そこまで問題無さそうだったので、心配はしませんでした。

開封

20160405-001

20160405-002

箱は端が若干潰れていました。
私はあまり気にしませんが、こういった点が気になる方は注意した方がいいかもしれません。

20160405-003

内容物は、ヘッドセット本体と、CD-ROM、マニュアルと保証書。
ソフトをインストールするかはともかく、CD-ROMがついてくるのは良いポイントですね。

本体外観

20160406-001

シンプルな感じです。

20160405-004

20160405-005

左耳の部分にはマイクがあり、使わない時は収納しておけます。
私はヘッドホンとして使うことも多いので、こういった形になっている方が便利です。

20160405-006

コードの途中には、音量調節やミュートボタンがあります。手元で操作ができるので便利です。

20160405-007

購入する際の条件にしていたUSB接続。USBポートに接続するだけなので楽です。

付属ソフトをインストールしてみる。別にインストールしなくても良さそう?

付属のCD-ROMからソフトをインストールしてみます。

20160405-008

インストールするとこんな感じです。

ヘッドホンとマイクそれぞれの音量などを設定できたり、上部からプロファイルを変更したり出来ます。
プロファイルですが、Hi-Fi以外に変えるとエコーがかかったような感じになってしまうので、Hi-Fiプロファイルで使っています。

ちなみに、PCと接続するだけでドライバはインストールされるため、ソフト無しでも使うことは可能です。

使用感。長時間使ってると耳が痛くなる…

ヘッドホン、ヘッドセットとして使ってみました。

音質

音質が悪いということはありませんでした。音楽を聴いたり、動画を観たりして使ってますが不満はありません。
もっと値段の高いものを使っていれば不満点などあるかもしれませんが、そもそも、そこまで良い耳をしてないので分かりません。

マイク

しっかり声を拾っているようです。一度ツイキャスをしてみたのですが、特に問題はありませんでした。

耳が痛くなる

問題点は、長時間(3~4時間くらい)使っていると耳が痛くなることです。
私の耳の形も関係しているので、皆さんに当てはまるのかは分かりませんが…。

痛くなってきた時は、休憩するタイミングだと思って、ちょっと外しています。
長時間パソコンとにらめっこしているのは眼とか、集中力的に良くないですからね。

余談

OTGケーブルを使ってAndroid端末と接続してみたところ、すんなり使うことが出来ました。

まとめ

2500円で買えるヘッドセットとしては十分な質でした。
耳が痛くなるのはちょっと難点ですが、慣れてくれば平気なのかな…とちょっと期待しています。

お手軽に買えるゲーミングヘッドセットを探している方は買ってみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク