ASUS TransBook T90 Chi (T90CHI-3775) 開封・外観レビュー

ASUSのTransBook T90 Chiを購入したので、開封レビューをします。
8.9インチの2in1タブレットで、サイズ感としてはVAIO type Pを彷彿とさせます。


DSC_0226
じゃんぱらで24800円の中古品を購入しました。
Amazonでは新品が29800円で販売中です。Windows8.1を搭載して発売していたモデルでは、Office 2013を搭載していたため6万円ほどしていましたが、無料のOffice Mobileに変更したため、大幅に安く販売することが出来ているようです。

スポンサーリンク

1.スペック

OS Windows 10 Home 32ビット
CPU  インテル® Atom™ プロセッサー Z3775
 メモリ  2GB
ストレージ  64GB(eMMC)
画面サイズ  8.9インチ
解像度  1,280×800ドット (WXGA)
Wi-Fi  IEEE802.11a/b/g/n
Bluetooth  Bluetooth® 4.0
 カメラ  インカメラ:200万画素

アウトカメラ:500万画素 (オートフォーカス対応)

インターフェイス タブレット側:microUSB、microSDカードリーダー(microSDXCまで対応)、ヘッドホンジャック

キーボード側:microUSB1(充電のみ)

バッテリー駆動時間  約10.3時間
質量  タブレット:約400g

タブレット+キーボード:約750g

寸法  タブレット:幅241mm×奥行き137mm×高さ7.5mm

タブレット+キーボード:幅241mm×奥行き137mm×高さ16.5mm

このサイズのタブレットとしては、平均的なものです。
CPUが1世代前のBayTrail-TですがCherryTrailはグラフィックの強化が主な変更点なので、大きな差はあまり無いと思います。
また、安価なWindowsタブレットに搭載されているZ3735Fではなく、Z3775を搭載しているため、若干性能が良いです。このスペックで、新品でも29800円で手に入るのは嬉しいです。

2016-02-16ストレージは64GBあるので、不足する心配はあまり無さそうです。
セットアップ直後は46.2GBほど空いていました。

また、キーボード装着時でも750gと、数字上は軽いですが、持ってみるとサイズの割に若干重いかな…と思いました。バック等に入れてどう感じるか、今後試したいと思います。

2.開封

DSC_0212
箱は、ASUSお馴染みの化粧箱です。

DSC_0225

開けるとまず本体が。

DSC_0217

更に開けると、説明書や充電器が入っています。

DSC_0218

iPhone5sと比較しました。かなりコンパクトなので、持ち運びもかなり楽に出来そうです。

3.インターフェイスは必要最小限

DSC_0246

DSC_0253

DSC_0252

DSC_0256

タブレット側は、microUSBポート(通信/充電)、microSDカードリーダー、ヘッドホンジャック、イン・アウトカメラ。
DSC_0250キーボード側には、充電用のmicroUSBポートのみ。
と、必要最低限になっています。フルサイズのUSB機器を使うには、microUSBをUSBに変換するアダプタが必要になります。マウスを使い場合はBluetoothに対応したもののほうが良さそうです。

4.キーボード

DSC_0241

キーボードは、タッチパッドを省いたことで、キーピッチを確保出来ています。軽く使ってみましたが、打ちにくさは感じませんでした。
ポインティングデバイスなども無いため、画面の操作は、タッチパネルを使うか、マウスを接続して行うことになります。タッチパネルでは操作しずらい場面も多々あるので、ポインティングデバイスが付いていると良かったです。
せっかくの小型端末なのにマウスを持ち歩くのは面倒ですからね。

また、タブレットとの接続はBluetoothで行っているため、

DSC_0222

こんな風にタブレットとキーボードを離しても使うことが出来ます。
ヒンジの角度があまり開かないので、離すことでより自由に角度を付けられます。

タブレットとは磁石でドッキングするのですが、磁石は強力で持ち上げても離れることはありませんでした。
タブレットの端を持って、剥がすように持ち上げると簡単に外れます。

5.ちょうど良い薄さ

激薄というほどの薄さではありませんが、使いやすさを損なわない薄さになっています。

DSC_0261iPhone5sとタブレットのみを比較。
ほぼ同じ厚さです。
DSC_0262iPhone5sとタブレット+キーボードを比較。
iPhone5sの約1.5倍ほどの厚さですが、先端にかけて薄くなっているので、持ちやすく感じました。

6.まとめ

とりあえずということで、外観のレビューを行いました。
筐体の安っぽさは感じませんでしたし、薄くて持ちやすいと思いました。前述した通り、若干見た目の割に重いと思いましたが、慣れれば問題無さそうです。

また、今までこのサイズのWindows端末は使ったことが無いので、どんな感じに使えるのかとても楽しみです。
ポインティングデバイスが無いので、マウスが必須かどうか、とても気になります。

一通り設定を終えたら、どんな使い勝手なのか試したいと思います。

スポンサーリンク

<この記事を書いた人>

T.M.Revolutionとガジェットとアイアンマンが好き。ライブもちょいちょい行きます。
所持端末は、
Galaxy S7 edge(SC-02H)/Blackberry Priv/Xperia Z2(SO-03F)/
Acer Liquid Z330/iPhone5s/dynabook KIRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。