i-dioのWi-Fiチューナーを開封・接続設定してみた(Android編)

2016年2月14日Android, ガジェット, サービスi-dio

スポンサーリンク

昨日、i-dioの無料モニター用のWi-Fiチューナーが届きました。(i-dioって何?という方はこちら
開封レビューと、Androidでの接続設定の方法を紹介します。

IMG_0071

西濃運輸のカンガルー便で送られてきたのですが、発送のメール等は無かったので、少し驚きました。
2月6日にモニターの申し込みをしたので、送られてくるのはもっと遅いと思っていましたが、すんなり送られてきました。
同じ関東圏内での配送だったので、他の地域の方はもっとかかるかもしれません。(配送拠点が複数あれば別ですが)

スポンサーリンク

1. 開封

IMG_0072

開封すると、簡易声明書と箱が出てきました。

IMG_0074

更に箱を開けると、取扱説明書とチューナー本体が出現。

i-dio Wi-Fiチューナー

IMG_0080

IMG_0082

IMG_0079

IMG_0076

チューナーは、iPhone5sよりも小型で(比較写真撮り忘れました)、持ち運びに困ることは無さそうです。また、ロッドアンテナも付いています。伸ばしたまま持ち歩くと折れそうで怖いですね…。

その他、外部アンテナ用のイヤホン端子と、充電用のmicroUSB端子があります。

2. Android端末との接続

Android端末とは、通常のWi-Fiではなく、Wi-Fi Directという規格で接続します。
Wi-Fi Directを使っていることで、チューナーに接続中もモバイル回線や普段利用しているWi-Fiでインターネットが可能です。

2.1 チューナー側の操作

IMG_0075-2

電源ボタンを短押しして、LEDが緑に光ると、Android端末との接続準備状態になります。

2.2 端末側の操作

Screenshot_2016-02-14-14-08-37

Screenshot_2016-02-14-14-08-43

Screenshot_2016-02-14-14-08-47

Screenshot_2016-02-14-14-08-59

Wi-Fi設定から、詳細設定と辿って、Wi-Fi Directの設定画面を開きます。

Screenshot_2016-02-14-14-10-42

V-Low~という機器が表示されていたら、それをタップします。表示されていない場合は、2.1の操作をもう一度行えば、表示されるはずです。

Screenshot_2016-02-14-14-13-01

Screenshot_2016-02-14-14-13-22

招待済みから接続済みに変化すれば、接続完了です。

ステータスバーなどには変化が現れませんが、接続はされているので安心してください。

Screenshot_2016-02-14-14-21-01

Screenshot_2016-02-14-14-14-52

チューナーに接続中にWi-Fi、モバイル回線でネットが出来るか試してみたところ、無事に出来ました。

 

3.感想

まだ放送開始前なので受信感度などは分かりませんが、まさに受信に特化したチューナーだと思います。
チューナーに接続中もネットが使える点は、とてもユーザーに配慮されていて、きちんと考えられているなと感じました。

小型の本体なので、アンテナを伸ばせるスペースが確保出来ればすんなり使えそうです。

ますます放送開始が楽しみになってきました。

Wi-Fiチューナーの無料モニターの応募は引き続き公式サイトから可能なので、興味のある方は申し込んでみてください!

iPhoneとの接続については、Androidと若干異なるので次の記事に書きたいと思います。

スポンサーリンク