docomo版Galaxy S7 edgeにAndroid 7.0 Nougatが配信開始

docomo版Galaxy S7 edge(SC-02H)にAndroid 7.0(Nougat)へのアップデートが配信開始されました。
Android 7.0はAndroidの最新メジャーバージョンで、マルチウィンドウへの対応や省電力機能の強化が特徴となっています。

スポンサーリンク

アップデート方法

端末単体でのアップデート、パソコン(Windows/Mac)と接続してのアップデートの2通りの方法で実施できます。
アップデートの所要時間は、端末単体では約38分、パソコンと接続して行う場合は約54分となっています。端末の状態によって所要時間は変化しますので、時間に余裕のある時に行った方が良いでしょう。

また、アップデート後は最適化が行われるため、バッテリー消費の増加や発熱、動作速度の低下等が発生する可能性があります。

端末単体でアップデートする場合

「設定」→「端末情報」→「更新を手動でダウンロード」からアップデートの確認とインストールを行えます。

アップデートのサイズは約1.7GBほどあるため、Wi-Fiに接続してダウンロードすることをおすすめします。

パソコンと接続してアップデートする場合

パソコンと接続してアップデートする場合、「Smart Switch PC」をインストールする必要があります。
以下からダウンロードしてください。
Galaxy Smart Switch | by Galaxy

アップデートでどう変わる?

OSレベルでのマルチウィンドウ対応

OSレベルでのマルチウィンドウ対応が行われます。アップデート前もマルチウィンドウ機能は搭載されていましたが、あくまでメーカー独自の機能であったため、対応アプリは一部のものに限られていました。
OSレベルの対応になることで、対応アプリは大幅に増加します。ただし、マルチウィンドウ対応アプリでも正常に動作しない場合があるため注意が必要です。

マルチウィンドウの使い方は、
①表示させたいアプリを立ち上げる
②タスクマネージャーを起動し、立ち上げ中のアプリから同時に表示させたいアプリを長押しで選択(2アプリまで)
となります。

また、「設定」→「高度な機能」→「マルチウィンドウ」の「分割画面表示の操作」をONにすることで、アップデート前と同様に履歴キー長押しでもマルチウィンドウを実行出来るようになります。

通知エリアからメッセージに直接返信することが可能に

通知エリアから手軽に返信出来るようになるため、ゲーム中などでも気軽に返信出来ます。

HDR動画再生に対応

HDR動画の再生に対応します。
HDRに対応することで、従来の動画よりも色のコントラスト表現が拡がり、鮮やかな映像を視聴することが出来ます。

なお、現時点でHDR動画を視聴可能なサービスは以下の2サービスです。

  • ひかりTVどこでも
  • Amazonプライム・ビデオ

他の動画配信サービスも含め、今後のコンテンツ拡充に期待したいですね。

Always on Displayの機能拡張

画面OFF時に時計やカレンダーを表示出来る「Always On Display」で、不在着信やSMS以外の通知が表示されるようになります。
また、通知アイコンをダブルタップすることで、通知へアクセスすることが出来るようになります。

指紋認証→ロック解除が高速に

アップデート内容としては書かれていませんが、指紋認証を使ってのロック解除がアップデート前よりも速くなりました。
ロック解除→画面の表示がかなり速くなったように感じるので、快適になりました。

省電力機能の強化

Android 6.0で追加された省電力機能(Dozeモード)が強化され、消費電力がより低減されます。
使用していないアプリをスリープにし、バックグラウンドでの動作を制限することで、省電力化を図ります。

セキュリティパッチが2017年3月配信分へ更新

アップデートに伴い、セキュリティパッチのバージョンが「2017年3月1日」へと更新されます。

参考

Galaxy S7 edge SC-02Hの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

スポンサーリンク

<この記事を書いた人>

T.M.Revolutionとガジェットとアイアンマンが好き。ライブもちょいちょい行きます。
所持端末は、
Galaxy S7 edge(SC-02H)/Blackberry Priv/Xperia Z2(SO-03F)/
Acer Liquid Z330/iPhone5s/dynabook KIRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。