Xperia XZがdocomo・au・Softbankから11月2日に発売開始!docomoからはXperia X Compactも!

Newsau, docomo, SoftBank, Sony, Xperia X Compact, Xperia XZ

スポンサーリンク

14_situation

Sonyの最新フラッグシップスマートフォン「Xperia XZ」が、docomo・au・Softbankから11月2日に発売されます。また、docomoからはコンパクトモデル「Xperia X Compact」も同時に発売されます。

スポンサーリンク

Xperia XZ、X Compact共にカメラに3つのセンサーを搭載

20161029-029

Xperia XZ、X Compactは共にカメラに3つのセンサーを搭載していて、オートフォーカスがより高速になっているほか、暗所での撮影時でもフォーカスが合わせやすくなっています。
実際に試してみて、フォーカス~撮影がXperia X Perfomanceよりも速く感じました。さすがセンサーを3つ搭載しているだけあります。機会があれば、暗いところでの撮影も試してみたいですね。

また、XZはハイエンドCPUのSnapdragon 820を採用していることもあり、連続撮影してもサクサク撮り続けることが出来ました。しかし、X Compactはミドル~ミドルハイCPUのSnapdragon 650を採用しており、XZよりも性能が劣るためか連続撮影するとラグが発生しました。
XZとX Compactで迷っている方は、このラグに関しても許容出来る範囲かどうかも決める判断材料にすると良いかもしれません。

Xperia XZは背面に金属素材を採用!

10_xz_d_r_r

Xperia XZは背面素材に「ALKALEIDO」という金属素材を採用しており、これまでの金属素材とは違う手触りになっています。
すべすべとした感触で、落としそうな不安はあるのものの、ケース無しで使ってみたくなります。
金属素材であることで、放熱性も確保されているものと思われます。

また、6月に発売されたXperia X Performanceから画面サイズが0.2インチ大きくなり、Xperia Z2~Z5と同じ5.2インチになりました。
X Performanceよりもホールド感は落ちてしまいましたが、金属素材の手触りの良さもあり、持った感触は良かったです。

Xperia  X Compactは樹脂素材

03_xc_d_blue

Xperia X Compactの背面素材は樹脂になっています。高級感はないものの、小型ボディと相まって手に持った時のホールド感は抜群です。

スペック

名称Xperia XZXperia X Compact
カラーForest Blue
Platinum
Mineral Black
Deep Pink
Mist Blue
White
Universe Black
Soft Pink
ディスプレイ5.2インチ フルHD(1920×1080)
トリルミナスディスプレイ for mobile
4.6インチ HD(1280×720)
トリルミナスディスプレイ for mobile
CPUQualcomm MSM8996
Snapdragon 820
2.2GHz(デュアルコア)+1.6GHz(デュアルコア)
Qualcomm MSM8956
Snapdragon 650
1.8GHz(デュアルコア)+1.4GHz(クアッドコア)
OSAndroid 6.0
ROM(内蔵ストレージ)32GB
RAM3GB
外部メモリmicroSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/256GB)
メインカメラ2300万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobile
4K動画撮影可能
フロントカメラ1320万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobile
510万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobile
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2x2MIMO対応)
IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetoothv4.2
サイズ(高さ×幅×厚さ)約146mm×約72mm×約8.1mm約129mm×約65mm×約9.5mm
質量約161g約135g
防水・防塵IPX5/IPX8、IP6X
バッテリー2900mAh2700mAh
その他Felica・NFC対応

画面サイズが異なる他、CPUがXZではSnapdragon 820、X CompactはSnapdragon 650を採用している違いがあります。
Snapdragon 820はハイエンド向け、Snapdragon 650はミドル~ミドルハイ向けのCPUのため、CPUの性能はXZの方が上です。

また、Xperia  X Compactは、海外版では非対応となっている防水・防塵に対応しています。海外版と筐体は同じであるものの、しっかりと試験を行っているということで安心です。

Xperia XZに関しては、まさかの”Xperia Xシリーズ初のフラッグシップ”宣言で驚きはしたものの、店頭で触った限りですが、完成度の高いものになっていると感じました。
また、X Compactも性能こそダウンしているものの、XZと変わらないメインカメラを搭載している点など、コンパクトモデルとしてよくまとまっているのではないでしょうか。

Xperia XZはdocomo・au・Softbankから、Xperia X Compactはdocomoから、11月2日に発売開始です!

参考

スポンサーリンク