Poémon Goにアップデートが配信開始 プレイ上の注意や足跡機能の削除など

アプリPokémon Go

スポンサーリンク

20160731-001Poémon Goのアップデートが配信開始されました。日本国内での正式配信開始からは初のアップデート配信です。

スポンサーリンク

アップデート内容

20160731-002

  • トレーナーアバターをプロフィール画面から再編集可能に
  • 一部の技のダメージの調整
  • ジムのアニメーションの一部調整
  • メモリー問題の改善
  • 近くのポケモンから足あとを削除
  • エンカウント中のバグを修正
  • ポケモンの詳細画面を更新
  • メダルの画像の更新
  • マップ表示の不具合の修正
  • 一部テキストの修正

今回のアップデートは以上の内容になります。日本国内のブームに対して、アップデートが適用された部分もあるようです。

主なアップデートを紹介します。

20160731-004

足あとの削除。本来は、近くのポケモンに近づくにつれて、足あとの数が3つから減っていく仕様のはずでしたが、バグにより、足あとが減らない状況になっていました。今回のアップデートで足あとの表示自体が削除されました。
Poémon Goを楽しむ上で、便利な機能になるはずでしたので、削除は残念です。
この機能の復活を期待します。

20160731-003

起動時に、注意が表示されるようになりました。危険な場所や、私有地への侵入が世界的に問題になっているため、このような注意が表示されるようになったのでしょう。
効果があるかは分かりませんが、運営側として出来る注意を行っているので、努力を感じます。プレイヤー側も気を付けてプレイしたいですね。

20160731-005

20160731-006

次に、アバターの再編集が可能になりました。プロフィール画面から気軽に変えることが出来るようになったので、気分に合わせてアバターを変えることが出来るようになったのは嬉しいですね。

まだ、確認出来ていませんが、バッテリーセーバー時のタップ無反応問題も改善されてると良いですね。

参考

 

スポンサーリンク